【ゴリラが恋人!?】ゴリラの嫁になった女

2022年6月16日

Gerhard C.によるPixabayからの画像

ゴリラは、握力500kg以上・パンチ力推定5tと動物界最強な生物であるが、同時にキリっとした男らしい顔をもつイケメンでもある。

今回は、そんなゴリラに惚れて嫁にまでなった一人の女性の話を紹介する。

ゴリラとの出会い

stokpicによるPixabayからの画像

当時26歳のアナンダさんはアンゴラの首都ルアンダから南へ約100kmに位置する熱帯雨林「ダロス・トイ保護区」で自然保護管の職務に就いていた。

自然保護管は野生動物の観察も仕事であり、その日もアナンダさんはいつものように森を歩き回っては茂みの裏に身を隠し、森の動物たちの様子を観察していた。

そこへ、突然目の前に現れたのが一頭のゴリラだった。

Christine SponchiaによるPixabayからの画像

そのゴリラは、一般的に集団生活をするゴリラには珍しい群れに属さないゴリラで、保護管の間では孤独を意味する “ダスマ" と呼ばれていた。

ダスマは全身が白銀の毛に覆われていて、2mの体躯を誇り、勇ましいオスの顔をしていた。

アナンダさんはその姿を見た瞬間、ダスマに一目ぼれをしたのだった。

ダスマに猛アタック!

それからアナンダさんはダスマと仲良くなるために色々なアプローチを試し始めた。

果物をあげようとしたり、毛繕いをしようとしたり。最初は全く受け入れられず、威嚇をされ、枝を投げつけられ、襲われかけることもあったが、アナンダさんは決して諦めずアプローチし続けた。

そうして数か月もすると、ダスマはアナンダさんに心を開き始めた。

やがてダスマはアナンダさんに食べ物を分け与え、毛繕いをしたりと本当のパートナーのような振る舞いをするようになった。

Spencer WingによるPixabayからの画像

そしてある時、アナンダさんに一輪の花を渡した。

これはオスのゴリラが妻と認めた者だけに渡す贈り物だった。

つまりアナンダさんの愛が認められた瞬間であった。

ゴリラの嫁になった女!

それからアナンダさんの行動は早かった。

家族の反対を押し切り自然保護管を辞め、家を他人に譲り、全ての所持品を捨てた。

人間らしいものを全て捨て、ゴリラの嫁になることを選んだのである。

それからはアナンダさんとダスマはいつも行動を共にするようになった。

今では、身を寄せ合って仲睦まじくしている姿がときどき森の中で目撃されるようになったという。

2023852によるPixabayからの画像

これぞまさに “種を越えた愛の形" である。

※この記事の内容はほとんど架空のものです※

動物動物

Posted by ずぅ