【雑学】元々カウボーイは牛に乗ってる人のことを指す言葉だった

Brett Saylesによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1069710/

皆さんは「カウボーイ」と聞いて何を想像するだろうか。恐らくはつばの両側が捲れたカウボーイハットを被った男性が、馬を巧みに乗りこなし、握ったロープを振り回してる光景が浮かぶことだろう。
しかし「カウボーイ」というのが本来、馬ではなく牛に乗っていた男性のことを指した言葉である事はあまり知られていない。
そこで本記事はその起源について紹介していく。

カウボーイって何者?

Ronald PlettによるPixabayからの画像

カウボーイという言葉が広まったのはゴールドラッシュが次々と起こった18世紀である。ゴールドラッシュとは新しく金が発見された地に採掘者が殺到する事であり、急激な人口増加に伴って食糧不足が起こり、その地での牛の売値が20倍にもなった。そこで牧場主はゴールドラッシュの起こっている土地で牛を売るために、そこまで牛を誘導する牛追い人を必要とし、実際に人を雇った。
12人前後で約2500頭の牛を約2000km移動させる長旅である。
また牛の移動には牛の持つ習性を利用した。
というのも群れで暮らす牛はリーダー後に従って歩く習性があり、牛追い人達はリーダー牛に跨って先頭を進み、他の牛たちを誘導した。

「カウボーイ」という言葉はその姿から付けられたものである。

Photo by Phinehas Adams on Unsplash

しかし何百頭もいると群れから逸れる牛も時々存在し、これを馬に乗ったカウボーイの仲間が追い立て、時にロープを牛に引っ掛けて群れへと強引に引きずり戻した。こっちの方が印象が強かったのか、現在までカウボーイのイメージとして根付いてしまっている。しかし本来は、リーダー牛に乗って群れを率いる男性のことを指す。もちろん「カウガール」も存在した。性別以外は同義である。

gay2016によるPixabayからの画像


またカウボーイ達は酒もタバコも禁止されていたので自ら娯楽を生み出した。その一つが、乗られるのに慣れていない牛に敢えて跨り、どれくらいの間振り落とされずにいられるかを競う行為であり、これが後のロデオである。

牛に乗ることは可能なのか?

そもそも、牛に乗れるのかと疑問に思った人も多くいる事だろう。
牛に乗ることは可能である。
牛は背骨が真っ直ぐ走っていて背中が平行である。そのたけ安定感のある騎乗が出来る。しかすながら馬のように早く走ることは当然出来ず、最大時速は馬の半分である40km/h。さらに歩く時に揺れが激しいために馬ほど乗り物としては一般的に広まっていない。これがカウボーイが馬に乗ってるモノだと勘違いされる要因と一つだろう。しかしながら現代においても東南アジアのインドネシアなどに行くと、牛の背中に乗る牛飼いの姿を見る事が可能である。

Heri SantosoによるPixabayからの画像

※この記事には架空の内容が多く含まれています※

動物動物

Posted by ずぅ