爬虫類・両生類

Thumbnail of post image 182

夏から秋にかけて水辺で大合唱を繰り広げる生物と言えば、カエルである。
アフリカにもやはり彼らは生息しているが、アフリカのカエルは他のカエルと一味違う。
タマゴが、爆発するのである。

水中生物

Thumbnail of post image 080

水族館は数多くの水生生物を展示することで人々を楽しませ、種の保存にも貢献している。しかしそんな水族館でも全ての水生生物を展示できるわけではない。飼育環境の難しさや捕獲の難しさなどから未だに飼育が出来ない水生生物もたくさん存在している。 ...

水中生物

Thumbnail of post image 142

タコは墨を吐く生き物である。外敵に襲われた際は墨を吐くことで相手の目をくらまし、その隙に逃亡する。ただ逃げるのではなく、相手の視界を一時的に奪い行動不能にするという面では非常に合理的な逃走方法と言える。
ゆえに、人間もまたこの ...

爬虫類・両生類

Thumbnail of post image 185

丘陵地に流れる清らかな河川の上流部、そこに溜まった石の隙間や落ち葉の陰に隠れて生息するのがサンショウウオである。彼らを食べると・・・

水中生物

Thumbnail of post image 002

ナマコに似た姿をした軟体生物で、海底をゆっくりと這っていくアメフラシ。
その名前の由来とは一体何なのだろうか?
本記事ではアメフラシの名前の由来に迫る。

水中生物

Thumbnail of post image 175

細長い身体に鋭く尖った口が特徴的な魚 “ダツ” 。彼らの名前の由来は意外なものである。
それは、ダーツである。

水中生物

Thumbnail of post image 005

のっそりと海底を這って行く姿が可愛らしいウミウシ。その名前の由来は、”2本の突き出た触覚が牛の角に似ているから” とされているが、実はそれ以外にも理由が存在する。
ウミウシは、牛のように鳴くのである。 ...

水中生物

Thumbnail of post image 187

海の中をフヨフヨと漂うクラゲ。
どこか神秘的な雰囲気を漂わせる姿であるが、彼らには他の生物とは大きく違う特徴がある。
それは、たくさんのクラゲが合体して1匹のクラゲを形成している事である。

水中生物

Thumbnail of post image 052

 最大全長18m、体重60tにも達するザトウクジラ。その巨体に似合わず、実際は穏やかな性格をしており、餌も小さなプランクトンを主食としている。しかしそんなザトウクジラに、人間が食べられるという衝撃の出来事が起こった。